最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2008年10月20日 (月)

HHK! 

KK、ついにデモ行進デビューしました。

NHKのニュースでも取り上げられたらしいので知っている人も多いかと思うが、19日の日曜日は千駄ヶ谷の日本青年館脇にある明治公園で、反ー貧困 世直しイッキ! 大集会が行われた。
これにいつもの勢いで参戦してきたのである。

http://www.k5.dion.ne.jp/~hinky/

時間がないので、とりあえず、写真だけでも。

Hhk1Hhk3 とりあえず、簡易的な感想としては、久しぶりに2時間歩いたので疲れた……。

(以下、26日執筆)
では、一週間たったけど改めて。

場所は、千駄ヶ谷駅から10分弱の明治公園。
そこに、なんと2,000人もの人間が集まった。
まあ、相も変わらず筆者が最近行くとこは平均年齢が高いわけだが。つーか、20代なんて1割にも満たないでしょ。30代合わせても3割にも満たない印象。それくらい年齢層高めの人間が集まっていた。つまりは、若者に全然興味を持たれていない問題なのだろう。
とはいえ、関係している問題は若者の雇用だってあるわけで。そこが非常に悲しいわけなのだが。

イベントは、まずは日本各地を周ったキャラバンカーの入場。
そこでかかわってきた人たちの話。
それと、上記の写真にあるように雨宮処凛さんらが一言。
そして、2000人で集会宣言。
宣言内容は、以下のページにありました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-21/2008102103_01_0.html

その際、青いチラシを掲げて立ち上がるという形態だったのですが、その様子が某新聞に掲載され、なんとそこにKKが!

それはさておき、その後は12の分科会に分かれ、各地でブルーシート上で勉強会。
KKは、労働者問題に関する分科会に参加してみた。
ここでは、雨宮さんが司会を務め、松下プラズマディスプレイ工場での問題や旅行添乗員の扱いに関する問題などが紹介されていた。
派遣は自分も関わっていただけに存分に知っている世界だし、松下問題は既に知っていたことだったが、添乗員の扱いは初耳だっただけに驚かされた。
長時間労働の上に残業代が出ない。ちょっと前までは有給なし。行く国によっては日本語ができる現地ガイドがいないために通訳までかねないといけない。
それでいて扱いはひどい。
なるほど、先日の映画といい、探せば探すほど様々な劣悪空間はあるものだ。

分科会終了後は、大阪出身の貧困ラッパーのパフォーマンス。
その後には、いよいよ渋谷に向かってデモ行進。
各自、主催者が用意した旗や人形などを掲げて明治公園を出発。
様々なシュプレヒコールを叫びながら2時間ちょい掛け渋谷までを練り歩いた。
まあ、道行く人は相も変わらず興味なさそうな様子であったが。

そんなこんなで終了したわけだが、前も書いたが、こういった声はどれほど関心をもたれるかで効果が全然変わってくるわけで。
窮状に瀕した人間からしてみれば、まさに心からの叫びなのだが、安泰した身の人間からすれば鬱陶しくも聞こえているはずだ。
そう、結局望むは安泰。なきものは激しく求め、持つものは保持することに躍起になる。
この立場の違いこそが、日本全体で一致した動きに繋がらない原因じゃないかなと思える。
ただ、正社員となれた自分としては、給料は低いとはいえ彼らよりも明らかに安泰している。それでも、この問題に大きな興味を寄せているのは、端くれとはいえ過去にこの問題の当事者であったからだ。現状を知っている身としては、人事と片付けられない。だからこそ、この問題に関心をよせ、こうしてブログで紹介しているのである。

そう、まずは関心を持たせること。
何を憤っているのか理解できない人は、一度はこの現状を体験してみればいい。
別に貧乏になれとは言わない。一度彼らの労働条件を体験すればいいのだ。
こんなものは簡単にできる。
知れば、考えも変わるかもしれない。

まずは知ること。これこそ大切なのだ。