最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2010年3月28日 (日)

2010年開幕 観戦

イースタンリーグを観続けて10年以上。今年ももちろんシーレックスを中心に若手の活躍をチェックする。

3月20日
さっそく、イースタン開幕戦であるシーレックスVSスワローズ戦へ。
1500人以上の観衆が集まり、吉田市長の挨拶も混じり、よくわからないアイドルのパフォーマンスも混じった開幕戦。

試合結果はこちらから
http://www.baystars.co.jp/searex/result/?ymd=20100320

というわけで、開幕初戦は勝利で飾りました。

Mock2 Mock1_2

出店で出店していたチーズモックがなかなかの美味でした。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27日は、千葉マリン。

Wa 新発売の弁当「和」です。

和風弁当です。

2009年6月14日 (日)

対タイガース 写真

0906131 0906132 0906133 0906134 090613kyoutohe

 

 

 

 

 

 

昨日は千葉マリンで試合観戦。
ついでに色々と写真を撮ったのでアップ。

そろそろデーゲーム観戦が辛い陽気だな。

2009年3月22日 (日)

’09年 イースタンリーグ開幕

Kosugi090321 金曜日に、イースタンリーグが開幕した。

ということで、開幕戦はWBCテレビ観戦と雨天中止の勘違いがあり回避したが、土曜日の試合は窮状に出向き観戦。

試合は、両チームがベネズエラ並の守乱でもつれにもつれた展開となるが、最後は坂本の犠牲フライでシーレックスのサヨナラ勝利!

写真は、先発のルーキー小杉です。

2008年10月 3日 (金)

死の宣告 '08

【巨人】投手 姜建銘、野口茂樹、加登脇卓真▽外野手 梅田浩
 【横浜】投手 染田賢作、土肥義弘、入来祐作、橋本太郎▽外野手 河野友軌、小関竜也、西崎伸洋
 【西武】投手 東和政、西川純司▽内野手 種田仁▽外野手 貝塚政秀
 【ロッテ】投手 浅間敬太、三島輝史、木興拓哉、末永仁志、田中良平▽内野手 柳田将利
 【楽天】投手 佐藤宏志、戸部浩▽捕手 木村考壱朗▽内野手 吉岡雄二、沖原佳典▽外野手 森谷昭仁、鷹野史寿、高波文一

きましたね、戦力外通告の時期。

そして、やはりあの人が……。
先日のシーレックス戦、確か河野以外は全員見られたんじゃないかな。
更には、本日石井琢朗も。
ベイを引退で終われなかったのは寂しいな。

マリーンズは、見事なばかりの投手陣。ファームはチーム防御率が5点台だったから当然な結果だけど。

今後の動向が気になります。

2008年9月28日 (日)

そろそろあの時期が近付いてきたね

金曜日は、シーレックス横須賀スタジアム今季最終戦だったので、会社早退で観にいってきた。

試合は、両軍ともに2つづつのエラーで、しかもそれが点に絡むお粗末ぶりであり、何とも後味の悪い終了の仕方であったのだが。結果的には7-4でマリーンズが勝利。
シーレックスは、土曜日のスワローズに勝ったので最終戦は勝ったものの、ホームでは勝利を飾れずに終わる。

で、この時期、つまりは優勝争いやCS出場権利争いの熾烈な時期でもあり、最下位が確定したチームがあるこの時期だ。
そんな時期でのファーム試合。
色々と感慨深いです。

色々な意味を込めて、入来の写真を貼っておきますね。

Iriki08blog_2

2008年7月12日 (土)

初バレーボール観戦

Wgp1blog 初めてバレーボールを生で観戦してきた。
日本対イタリア。

別に興味はなかったのだが、知人に誘われたのでなんでも体験精神で行動。
これが意外と白熱して、なかなか楽しめた。

試合のことは、バレーボール初心者なので詳しく書けないこともあり省く。
ただ、知らないからこそ感じた新鮮味がある。
まず、女子バレーなのに観衆は圧倒的に女性多し。
しかも、女子高生などの若い子が目立った。俺の眼の前も女子高生3人衆(笑いすぎ)。
あとは、応援用のスティック300円は高すぎだし、それでかなり儲けてるだろ。
満員になれば14,000人入り、1万人が買っているとすれば、300万円。原価などたかが知れているだろうし、デザインにも金はかかってなさそう。こりゃ、相当儲けたな。
とはいえ、チケットは国際試合にしては安い。自由席など1000円。
自由席(3階席)でもそこそこ眺めはいい。
あとは、いつも野球ばかり見ているだけにそのテンポのいい流れには関心。
ストレートで日本の勝利だったために、8時過ぎには終わっていた。このスピードが野球でも再現されるとありがたいが……無理だよな。

ただ、また行きたいとはあんまり思わないのが正直な気持ち。

Wgp2blog

2008年5月 5日 (月)

KK 今年初の千葉マリン

GWです。楽しんでますか?

さて、KKはとりあえず土曜日に、台湾で一緒に日本代表を応援していた人とともに今年初の千葉マリンスタジアムへ行ってまいりました。

Koinoboriblog 今年から、内野席に細長いスクリーンが登場したと聞いていたけど、今更ながらそのスケールに驚き。
なるほど、これはいい演出です。
その1シーンが写真。
世界一長い鯉幟。
わかりにくいけど……。
最近、ファームの試合ばかりだっただけに、こういう金のかかる演出は新鮮さを感じて喜べる。

Karakawablog 試合は、ご存知高卒ルーキー唐川の完投勝利。
ゆったりとしたモーションから無四球が表すように正確なコントロールでライオンズ打線を翻弄。これは本当に大物だぞ!

2008年3月23日 (日)

'08イースタンリーグ開幕 シーレックス‐イーグルス

Wood1_3 球春到来!
パ・リーグに続いて、イースタンリーグも開幕です。

ということで、開幕戦のシーレックスVSゴールデンイーグルス戦を観戦してきた。
先発は、シーレックスが新外国人ウッド。イーグルスは3年目片山。
以下、スタメン。

イーグルス
1 平石(センター)
2 西村(ショート)
3 横川(ライト)
4 吉岡(ファースト)
5 山下(サード)
6 沖原(セカンド)
7 中村(レフト)
8 井野(キャッチャー)
9 片山(ピッチャー)

シーレックス
1 下窪(ライト)
2 北側(セカンド)
3 下園(レフト)
4 内藤(サード)
5 呉本(ファースト)
6 桑原(センター)
7 梶谷(ショート)
8 斉藤(キャッチャー)
9 ウッド(ピッチャー)

当たり前といえば当たり前ですが、2,3年前と比べてすっかりとメンバーが変わった印象。
先日まで1軍帯同していた斉藤は、結局2軍スタートですか。

試合は、序盤両投手の投げあいで淡々と進んでいく。
ともに立ち上がりはよし。
ただ、ウッドは3回に突然崩れる。
井野のヒットと平石のツーベースで2・3塁のピンチを迎えると、横川の時になんとボークで先制を許す。それに動揺したのか、横川にもスリーベース。
6回には、完全に乱れてこの回だけで5失点。
1アウト後に3連打浴び追加点を取られると、スクイズまでされる始末。その直後に、ピッチャーの片山にフォアボール。そして、平石には2ストライクと追い込んだのにボールを投げる余裕を見せずにストライクを取りにいったのかセンターにはじき返され更なる失点。もはや、完全に自身のコントロールができていない様子。
マウンド上の彼を見ていて、気の短さがうかがえる場面であった。
結局、6回は打者1巡の猛攻を受けた。

シーレックスは、4回にチームのシーズン初ホームランともなる1打を浴びせるが、片山を攻略できず。片山は、6イニングで被安打2の1失点(与四球1)と好投。

結局、ウッド(6回 被安打12、与四球2、失点8)の乱丁が響き、片山後にシーレックスは3点取る粘りを見せるが及ばず、8-4でシーレックスは敗戦した。

勝利投手 片山
敗戦投手 ウッド

観衆862名

Katayama1

  

 

 

それにしても、俺の後ろに座っていたおやじは終始独り言しゃべっていてうるさくてしょうがなかったな。

2007年12月18日 (火)

台湾 おまけ写真

未公開の写真を幾つか。

Taerublog_5Samuineblog Hitudanblog





左 寒い中、一人だけテレビ局関係者から差し出されたコートを断って仕事する大塚さん。
真ん中 最終的には、親切に応える大塚さん。
脇にずっと座っていた球場スタッフとなにやら筆談する大塚さん。
 

Usiroheblog日本が話せるスタッフがいないのか、球場整理にはかなり苦労していた様子。
3日目にはついにこんなものを用意していた。
ただ、持っている彼は言葉の具体的な内容は理解していなかったみたい 。
それにしても、彼は日本人に厳しく注意されていたりしてちょっとかわいそうだった。
まあ、ちょっと気が弱そうだったけど。

Sigotosiroblog_2 韓国戦でのとある球場の様子。
こいつら、なんか終始仕事している空気じゃなかったな。
球場バイト経験者からして注意入れてやりたかった。
これがお国の違いか??
まさか、そんな自分たちが日本で公開されているとは思ってもいまい。
面白いので一枚撮影。
(注 上の写真とは別人物)

2007年12月 9日 (日)

台中洲際棒球場

今回は、舞台となった台中の野球場を紹介。

Taiwanbaseball5blog 入り口前から球場を写した様子。
見ての通り、外見は綺麗に見える。さすが造ったばかり。
とはいえ、外見だけだが。
急いで造ったのかな……
ちょっと外れると、なんか陰鬱な空気が感じられた。
日本のように、球場全体から盛り上がる空気は感じられなかった。
行ってみるとよくわかる。日本の球場がいかに優れているか。

FamilybolgFamily2blog画像を見てもらいたい。
球場下にはファミリーマートも入っている。
その中を覗いてみるとだ……床や壁がコンクリートむき出しなのだ。つまり、内装工事は全くやっていない状態。
これは、時間がなかったのか、それともやるつもりが最初からないのか。
内装工事だけではない。品揃えもさびしい。スナック菓子中心で弁当などは見当たらない。パンも1種類のみで、しかも具なし。切込みが入っているから何か入っているかと思いきや、何もなしのコッペパン。
これは、今後改善されるのかな……。

Taiwanbaseball3blog  グランド内はテレビで確認できたと思われるので、それ以外の内部を紹介。
写真、席の後ろ側にある通路。
座席と通路はほぼ境なし。
主な特徴は、「薄暗い
まだ日が昇っているときは明るいのだが、日が沈むとほぼグランド内の照明が頼り。通路専用の証明は少ない。

問題のトイレ。
台湾の公衆トイレはそれほど汚くない。自動洗浄でもあるし、日本のそれとほぼ違和感なし。
ただ、球場内のトイレ少なし。球場に入ると2箇所のみ(もしかしたら、上にあったのかも)。イニング間の行列はかなり長いものになっていた。
外にもあるが(再入場可能)、外のほうが狭い。ただし、試合中はすいている。

Asahiblog 問題その2.
売店。
球場内では日本のような売店がない。
食べ物には困る。
今回限定らしきグッズ売り場があったが、なぜか日本のグッズが日本で買うより高くなっていた。しかも、他の国のグッズよりも明らかに高い。
アサヒが提供のためか、ビールだけはちゃんとしていた。
ただ、売り子が明らかに慣れていない様子。
隣でこぼしてたし。
しまいには、最初からビールをコップに注いだ上体で盆に乗せて売り出していた。
声もやや小さい。お姉ちゃんもいない。日本に慣れていると違和感だらけ。

Taiwanbaseball6blog バックスクリーン裏。
外野席は全くない。
すぐ後ろは大通り。
本当に何も施されていない状態。
今後もこの状態か?!

Benchiblog おまけ

日本側ベンチ内。
下は土なのか??

より以前の記事一覧