最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2007年3月 2日 (金)

アフレコ

アフレコ
マガジンZで4月号から連載が始まった作品。
展望台で働く主人公(?)の彼女が声優デビューを果たすのだが、それにともない事務所から別れてくれないかと頼まれ彼女と決別するところから始まる。
しかし、その別れ際に彼女が車で帰宅途中、謎の生物の襲撃により命を落とす。
命を落とす間際に、謎の生物と戦っていた謎の少女と遭遇。彼女は謎の少女に最後の言葉を託す。
彼女の死を知り悄然とする主人公。そこに、聞き覚えのある声がテレビから流れてくる。それは、彼女が声を担当していたアニメ。そして、担当していたキャラ。テレビから流れる声は間違いなく彼女の声だ……。

 

1話だけ読んだだけでは正直はっきりと評価できない。3~4話程度は少なくても読まないと。とはいえ、率直な感想としては1話目としてはインパクトが弱いかな。
展開が速すぎて何が中心の話かも見えてこないし。
アクションがメインになりそうだが、個人的にはあの絵柄なら恋愛色強めに出したほうがいいんじゃないかな。雑誌全体を見る限り明るい色の漫画は少ないし。むしろ、アクションシーンはインパクト弱くなりそう。それでなくてもアクションシーンにおいてはインパクト強い作品が揃っているんだから。その辺の選別をもう少し明確にしてほしい。
今のままだと、主人公の男に興味をもてなさそう。いかに彼の魅力を引き出すかが鍵だな。

しかし、マガジンZは全体のコンセプトが見えない雑誌だね。
なんというか、漠然とした作品が多い。
その漠然性がある種の魅力なのかもしれないが(ウルトラマンとか直球タイプもあるが)、それだと売上的には伸びを見込めそうにないし。個人的には全体的にトーン低めの作品が多く好きな方ではあるけど、あの手の空気が好きな漫画ファンって少なそうだし。
(勝手な意見だが、だからとはいえ安易に萌え路線にも走ってもらいたくないし、今の空気からしてみればそれもまた違うだろう)
方向性をより明確に示したくれたほうが読者ももっと多くなるだろうに。

2005年9月29日 (木)

最終回

KKリンクを見よ! 色々と集客運動をしてみた。まあ、ランキングに登録しただけで人がどかどかと来るとは思えないけど。やはり、中身が重要だな。

時期的なために最終回ラッシュだな。楽しみにしていた番組が終わるのも寂しいもので。内Pだったり西川貴教のANNだったり……。なによりも、MONSTER―甲殻機動隊の深夜アニメゴールデンタイムが終わっちゃったし。MONSTERなんて神の称号を与えたいくらいよくできた作品だったよ。ストーリーはもちろん、演出といい声優の演技といい何もかもがうまい具合にできあがっていた。火サスも凌駕するほど(誉めてるんだかよく分からないな)の良質なサスペンス。ああいう作品がもっと世に出てくると嬉しいんだけどね。なにぶん、中途半端感が漂う作品が溢れちゃってるし。

T・L・Bなんて1クールで終わっただけに消化不良がモロに露呈しているし。なんのために作られた作品なんだか。せっかく潜水艦での戦闘シーンがよく描けていたのに、もったいない。かみちゅみたいな1話完結の作品なら1クールでも違和感薄いけど、1つのストーリーを追い続けるのに1クールの期間では無理があるよ。

今期、意外なヒット作はアクエリオンだな。あそこまで過剰な演出されると逆にこちらも巻き込まれてなんだか熱くなってきたもの。過剰な演出に引いた人も多いかもしれないけど、むしろ最近では珍しくなってきた演出なだけに新鮮ささえも感じられて大変楽しめた。さすが河森正治作品。熱いぜ!

さて、新作はMONSTERに匹敵する良作は出てきてくれるだろうか? 楽しみでもあり不安でもある。

2005年9月23日 (金)

大団円

美味しんぼ終わっちゃったよ……。ニート御用達のまさに究極のアニメだったのに。これから金曜の午前をどうすごせばいいと言うんだ、日テレさんよ?! それとも、日テレはニートを働かせるために美味しんぼを強制終了させたのだろうか? そんな手厳しい。なににせよ、最後に海原雄山見られたのはよかった。しかも、高笑いつきだったし。

昨日宣言した通り、母校の応援に行ってきましたよ。結果は、2―1で見事に勝利! これで、ベスト8進出です。そして、次の相手はなんとあの横浜高校! 松坂やら多村らが在籍していた高校。つーか、大抵の人は知ってるよね。そんな高校相手に公立校がどこまでやれるのか、注目です。

2005年9月20日 (火)

グッズ

何か面白いものはないかとアマゾンをじっくりと覗いていると、ケロロ軍曹と遭遇。見ての通り、うちはケロロ軍曹のテンプレ使っているので目が止まる。そこで「ケロロ軍曹」で検索してみたら(おもちゃ・ホビーのみ)、こんなに出てきたよ。予想以上に人気がある作品なのね。やはり、カエルというのがグッズを作りやすかったのかな~。キャラ関連の商売は儲けられそうなイメージが。俺も、自分が書く小説にキャラクターグッズにしやすそうなマスコットキャラでも出してみようかな。などと、やはり打線計算してみたり……。今日は短く閉めてみたり。

2005年9月16日 (金)

Dang Dang 気になる

気付けば今日でブログ開設一周間ですよ! いやいや、よく頑張った。お前はすごいよ。お前みたいなすげー奴、オラはじめて見た。ヤベ-な。

さて、ニートにとって金曜の午前といえばこれだ!

「美味しんぼ」

究極の無職・至高のニートとも某掲示板で揶揄されているニート必見の番組だ。29歳世代にとっては、小学校から中学校かにかけて放送されていた番組なだけに観ていた人もたくさんいるに違いない。この番組のために目覚ましもかけちゃったし。美味しんぼを観ながら2chの実況も覗けば、最強コンボで適うものなし!

今日は、当たり日。海原雄山登場! いやいやいや、大塚師匠、あざーす!

ちなみに、雄山によると牛肉は去勢したオス牛はまずいそうです。うまい牛肉は(確か)3年以上生育したメス牛が一番だそうです。勉強になりましたね。


よくわかる現代魔法(今日の暇潰しアイテム)

SDに作品を送ろうかと考えていたので、レーベル知る意味で購入していたもの。まだ最後の方を読み終えていないけど、今のところは楽しく読めている。定番なキャラ作りではあるが、しっかりと描かれているのでそれほど気にならない。(まあ、作中に一重瞼だったり細い目だという表記があるのに、イラストじゃもろにデカイ目なのは気になったが)こういったキャラを読ませられると、キャラ作りの重要性を感じられる。また、話的にもそれほど瞠目するほどの中身ではないが、うまい具合に作者が自身の得意分野(プログラミング関連)を作中に取り入れていて、効果的な演出を施している。そこは誉めたい。

あまり評価を聞かないレーベルなだけに、危険性を感じている人も多いのでは。SDというレーベルを知りたい人は、とりあえずこの作品から触れてみるのが無難だろう。地雷も多いが、それなりに当たりも含まれているので見捨てないでほしい。

2005年9月14日 (水)

早くもネタが……

ネタがない~♪ ネタがない~♪ 六日目にして もうネタがない♪

いや~、俺って半ニートじゃん。半ニートだから家にいる時が多いじゃん。家にいたって特筆することないじゃん。

……このブログ終わり?

よし、保留!

まあ、それはとりあえず異次元の彼方へ追い去ってだ、せっかくケロロ軍曹のテンプレ使ってるんだからそれっぽい話でもしておく? そうすれば、同士が勘違いして集まってきたり。それで話が盛り上がり、「じゃ、KKが紹介している商品でも買ってあげるよ」みたいな展開になったり。そんな打算計算しつつやっていくのがこのブログ。よろしく!

まあ、ケロロ軍曹は連載第1回からずっと読んでいるけど、特に好きなわけでもなく、嫌いな訳でもなく。半ニートに相応しく中途半端な印象を持ってる訳で。軍曹目的で訪れた人をすかしてみたり。

だって、エースで好きな漫画となると「とらのあなの美虎ちゃん」だし。

……ん? あれは、エースの漫画じゃないか。一応、毎号掲載されてるけど。まじで書くと、「仕切るの?春日部さん」。と、教育熱心な母親に嫌がられるような回答をしてみたり。なんのことだから分からない人は、エースを買って読んでみるように。

いやいや、エースの中じゃケロロ軍曹はベスト3に入りますよ。逆に言うと、その3本くらいしか読むのが……。ちゅうか、エヴァはいい加減終ら……


さて、商品リストなるものを作ってみたが、どうもこのブログにアップできない。別のサイトもってるけど、そこに置いておいて問題ないのかな。まあ、結局このブログ経由でそれぞれのECサイトに飛ぶわけだが。問題ない……よね?