最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

2018年12月

2018年12月26日 (水)

六本木白昼夢 ~そのOLは本物

六本木白昼夢 ~そのOLは本物~
 
そんなタイトルの本をご存じだろうか。
知らないはずだ。
決めつけるなって?
いやいや、おかしいだろ。
知っている方はどうかしている。妄想癖でまみれているのかもしれない。手遅れにならないうちに早く病院の門を叩かないと。こんなブログを読んでいる暇はないぞ!
 
なんて冒頭から大袈裟に煽ってみたが、実際にこのタイトルの本を読んだことがある人はおそらくいないだろう。なぜなら、筆者が適当に浮かんだ単語をつなげて作り上げたタイトルなのだから。
つまり、この世にはない本のタイトルなのである。
読んだことがあるという方は、偶然にも自分でそのタイトルの本を作り上げた方か、それこそ白昼夢でも見ていたのだろう。
 
架空読書会というイベントはご存じだろうか。
架空というから、また実在しない企画でしょ?
なんて疑うかもしれないが、これは嘘でも騙しでもない。実在する企画である。既にラジオや新聞などのメディアでも取り上げられたことのある企画だから、名前くらいは知っている人もいるのでは。
このイベントに、去年から何度か参加している。
今年2月(12月にも)にも、このイベントに筆者自身が参加してきた。
 
 
Img_3846_2
 
読書会というからどうしても普段本を読まない人は構えてしまうかもしれない。
本を読まない人が増えている昨今でなお読書をし続ける人はよほどの活字中毒か頭がお難いのではないか。そういう印象があっても仕方ないが、このイベントに限ってはそのイメージとはかけ離れている。なぜなら、読書をしていなくても参加できるからだ。本を一文字も読んでいなくても参加していい読書会なのである。
必読の課題図書はない。
 
イベントのルールは簡単。
参加者はまずこの世にはない(だろう)本のタイトルを考え、順にそのタイトルを提示していく。タイトルを提示された参加者は、それを読んできたと仮定して、その本について思いつくままに感想を述べだす。基本はそれだけだ。
ただし、誰かが何かの設定を述べればそれはもう否定できない。
たとえば、最初に切り出した人が「壮大なスペースオペラだったよね」と言ってしまえば、その小説は六本木がつこうが秘湯とつこうがスペースオペラの内容になってしまう。
「そんなはずはない!」と相手の意見を否定することはできない。先に述べられた設定は絶対なので、後から続ける人はそれに乗っかっていくしかない。それだけを守ればいいのだ。
あとは制限時間以内にみんなで思いつくままの設定を語ればいいだけの話である。
 
単純明快なルールだが、何度かやってみると意外と奥が深い企画だというのが分かる。
集まった人によっては、まじめな批評気味に語ったり主人公の行動の裏側を読んだような分析をしてみたるする人もいれば、冗談を交えながら緩い方向へと持っていく感想を述べる人もいる。緩い展開はどちらかといえば大喜利ネタな方向に寄りがちだ。だから、読書家よりもハガキ職人の方が展開によってはこのイベントで活躍するかもしれない。
もちろん、読書家が集まればタイトルに隠された意味を読み取ったり実は主人公は女性の名前のようで男性であるなどのトリックを考え付いて紛れ込ませて複雑にしたりなどのテクニックを仕掛けたりもしてくる。だからこそ、集まった人間によって空気が変わるイベントなのである。
 
よくある展開は、映画化しがち。舞台がタイトルから与えられる印象とは離れがち。実在する人物がでてきたりも。タイトルから与えられるイメージをそのまま流用することもあるが、結構飛躍するパターンも見受けられる。六本木でも、実在の六本木とは違う場所に設定される、みたいな設定もしばしば。
だからこそ、参加者の想像力……いや、妄想力が試されているのかもしれない。
その都度、参加者が違い別々の妄想力が加わるので参加者によりイベントの空気が変わるものおもしろい。
なによりも、手軽にその場で開けるのは魅力的な企画だろう。
なにせ、本を読まなくても開ける読書会なのだから。
 
必要なのは、あなたのタイトルから広げられる妄想力。
ただし、妄想が行き過ぎると架空の本から出られなくなりますよ。
病院の門を叩かなくてもいいように、ほどほどにして現実の本も読みましょう。

2018年12月13日 (木)

イヌも歩けば絵にもなる

iPhoneが世に出て10年は過ぎた今、スマフォ復旧率も増えて街中では多くの人がその手のひらサイズの画面に目を落としている姿が見られる。
使用歴も、もう何年にもわたってという人も多いだろう。
そうなると、その端末には多くのアプリと情報が詰まっているはずだ。生活ログのような記録も多いのではないか。
LINEのやり取りから、各種SNSにアップしたつぶやきや写真などは多岐にわたるだろう。
そういう筆者も、多くのアプリを入れ日々多くの情報にアクセスしている。
そんな中で、何気なく自分独自の端末に記録された過去の情報に触れてみた。
過去といえども、今年一年程度の期間であるが。
それが、スマフォで撮影した写真である。
今年も多くの場に出向いて、多くの対象物を手軽に撮影しスマフォに記録してきたのだが、こうして眺めてみると本当に多様な場に出向いていることが分かる。
多趣味であり多くの場に出向いて多くの情報をこうして取り込んできていただけに、改めて見て思い起こすことも多い。
 
ということで、自分のスマフォに記録されていた写真を月ごとにピックアップしていき、自分の趣味や活動範囲を振り返りながらこういう趣味の世界もあるのだなと読者の人たちにも紹介してみたい。
かなり多様な世界を紹介できるはずである。
P
 
最初の写真はこれだ。つまり、2018年1月に撮った写真である。正確に言えば、写真というよりもスマフォアプリのスクリーンショットであるが。
画像を見て何に見えただろう?
地図の画像であるのは確かだ。間違いではない。
馬込や大森という地名が読み取れるところからして、東京都大田区の一部の地図であることもわかると思われる。
しかし、地図そのものが画像の本質ではない。
その太い線によって描かれたあるモノがその対象である。
少しわかりにくいかもしれないが、オレンジで描かれた線をじっくりと眺めてほしい。
これは……
 
 
 
そう、『犬』が描かれているのが分かるだろう。
勘のいい人は分かったかもしれない。
2018年しょっぱなに犬の絵。
そう、今年の干支である戌なのだ。
そして、これは2018年1月7日に筆者含め数十名の人間が大森や馬込、山王一帯を歩いた道のりの記録である。
 
大山顕さん発起人となり、何年か前から企画されたイベントである。
GPSロガーや歩いた道順が記録されるアプリを起動させながらひたすら都内の一角を歩き回って、地図上にその歩いた記録でその年の干支である動物を描こうとしていた。一月、そのイベントへ参加してきた。
その結果の写真が上記のそれだ。
 
見ての通り、犬に見える記録が地図上に浮かび上がっている。
歩いて分かったのだが、山王や馬込はかなり起伏が激しい地域である。途中、坂や階段を上がったり下がったりしながらの激しい道のりを突き進んだ。また、住宅地のために時に何十人もの人間が路地裏をゾロゾロ歩く珍光景が見られたりもした。怪しい集団に見られていたかもしれないが、幸いなことに通報される事態にはならなかった。(住宅地なだけに静かにするなどの注意を計らうことは忘れてはならない)
P_2
 
ちなみに、これは確か約2時間半歩いた。出だしと到着時の写真をたまたま撮っていたので、その記録から読み取れた。
こういう記録もまた、スマフォ内に刻まれている。
たまにスマフォの記録を振り返るのが面白い証拠でもある。
起伏が富んだ道のりを2時間半歩くというのはいい運動である。また、途中馬込にまつわる文士への記録などの発見もあるなど、地域散策としての面白さも詰まった企画であった。
観光を目的とした散策も面白いが、たまにはこういう変化を加えた散歩をやってみるのも面白い。
干支を描かなくても、普段歩かないところをちょっとはやってみるのもいいのではなかろうか。新しい発見があるかもしれない。
ただし、住宅街の散策は住民の迷惑にならないようにご注意を。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »