最近のトラックバック

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 横須賀の魅力を高低差で再定義してみよう 其の二 | トップページ

2018年3月11日 (日)

自転車で横須賀に訪れても階段は楽しめるんだよ

Kani_2

連載3回目。
第1回目
第2回目

2回連続で横須賀の色とりどりな階段をご堪能いただきましたが、いかがでしょうか?
もうすっかりと横須賀の地形を愛せるようになったのではないでしょうか。

横須賀市内の大部分を丘陵地帯が占め、どうしてもその地形との戦いが日々の生活に入りこんでくるだけに、地形がもたらす苦労とは付き合っていかないとなりません。もう何十年と横須賀で生活している筆者としては、それはもう生活の一部。
ならば、その地形を愛した方が横須賀の生活もむしろよく感じるではありませんか。

しかし、正攻法で横須賀の魅力を表現するとなると、やはりそれは海であり丘陵地帯から望むのはその海ありきの風景ではないでしょうか。
休日になると、よく横須賀では自転車で三浦半島を周っている集団を見かけます。彼らもまた、横須賀に求めているのはその風光明媚な景観なのでしょう。自転車では階段のぼれませんからね。
上記写真は、その自転車乗りに向けて作られたモニュメント。三浦半島の何か所に建てられているとか。
そういえば、このタカアシガニがある場所も荒崎という風光明美な場所です。
ただの岩場なようでいて、その景観は見もの。

Photo

Yokosukanishi13

このような、まるで海賊が隠れ家に使っているかのような入り江があったり、洞窟があったりします。この風景だけでも、なにか特別な場所に訪れたような気分に浸れて、それこそ自転車で飛ばして訪れたくなるような場所ですね。

Yokosukanishi12
荒崎全体はこのような岩場。なにか人類の終わり後にたどり着いた気になります。
ここではないどこかに行きたい関東民は、手軽に行ける最果ての地です。
そう、手軽に行けそうで行けない……最果ての地。

Yokosukanishi10

Yokosukanishi14
ちなみに、階段もあります。訪れた方は、じっくりと階段をご堪能ください。

そういえば、けっこう自転車乗りが訪れそうな場所の近くにも魅力的な階段があるんですよね。自転車愛好家に階段などの高低差は関係ないと考えがちですが、意外と堪能できるかもしれませんよ。

Bunfree20160501_2
例えば上記写真の階段。これは、第1回目でも紹介してますね。
自転車乗りが訪れそうな観音崎という海岸沿いの荒崎と同じような岩場中心の風光明美な場所があります。海岸からは少し陸地内部に入り込むのですが、そんな場所に忽然と現れます。ちょっと時間に余裕のある人は寄り道しては?

Kannonzaki_kaidan
観音崎一帯に生い茂る緑の中を通り抜けているとこんな階段にも出会えます。
環境そのものが穏やかで癒される中、階段を堪能できるのは至福のひと時。

P1050771 観音崎と言えば、このようなトンネルが点在しています。
まあ、おかげで心霊スポットにもなっていますが。

どうでしょう。自転車で横須賀の海沿いを訪れた際は、少し寄り道して階段を探してみては。そんな場所でもちょっとした横須賀の高低差を楽しめる場所はあるのでrす。
そして、そこにあなたの新しい出会いがあるはずです。

« 横須賀の魅力を高低差で再定義してみよう 其の二 | トップページ

まち歩き」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136907/66486356

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車で横須賀に訪れても階段は楽しめるんだよ:

« 横須賀の魅力を高低差で再定義してみよう 其の二 | トップページ