最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月 3日 (木)

待望の黄色いドラゴン、ぐれキャラとして降臨

最近の地域イベントというのはどこも規模が大きくなりその活況も年を追うごとに街イベントとは思えないほどの規模になっているように感じられる。
特に、都内で行われるイベントはどこもその人口規模を活かしてすさまじい勢いを見せている。
駅に降り立った時から既に人ごみで圧倒される思いになることもしばしば。

そんなイベントの一つにあるのが、先日10月29・30日両日に行われた高円寺フェスであろう。
このイベントも年を追うごとに活況が大きくなり、地域イベントの域を超えてきている。その日は駅中心に街全体がお祭り騒ぎでどこに行っても何かしらのパフォーマンスが見られた。
小屋に入らなくてもストリートで誰かが何かしら見せてくれるのだ。

Hyouga_01

その一人……いや、その一匹として参戦していたのが、シャングリラドラゴン・ヒョウガくんである。
このドラゴン、ジャグリングを得意とし、主に浜松を拠点として活動している。
ぐれキャラとしての参戦表明も掲げていた。
半ばぐれキャラ追っかけの筆者はTwtter上で知った存在なのだが、ぐれキャラとなると追わざるをえない。
しかし、活動が静岡中心のためなかなか実際のパフォーマンスをお目にかかれる機会がないまま時間が経っていた。

だがだ、そう、だがだ……ついにその時はきた!
この度ついに念願の機会が訪れたのだ。
ヒョウガくんが高円寺に現れたのだ!

ということで、ほぼヒョウガくんを目的に筆者は高円寺まで急いで飛んでいった。中央線で。
(ヒョウガくんもドラゴンのくせに車で東京まで来ていた。背中の翼は小さすぎるか?)

以下、写真中心にヒョウガくんのパフォーマンスを紹介する。

 

Cv6gda7vmaamuovjpg_large

午後になり、高円寺も街全体が熱くなった頃、南口に一匹の黄色いドラゴンが現れた。
そう、彼こそが、筆者念願の黄色い餃子……ではなく、黄色いドラゴンのヒョウガくんだ!

駅前バス停乗り場脇に現れると、さっそくドラゴンマスター二人を引き連れて手際よく準備を始める。

Hyouga_mukuro_01
その間、元ぐれキャラの骸さんとの初遭遇などもあり、

Hyouga_kame_01

怪人カメレオールもいつの間にかあらわれて、場が混沌してきたもののパフォーマンスは始まっていきました。

Hyouga_00
ジャグリングのパフォーマーといえば、パフォーマンス中の話術も重要なポイントになってきますが、ヒョウガくんは人間の言葉を発することができません。
したがって、上で示した写真の通り、自作テロップで表しています。
ファミコン風なのがポイント。
内臓がファミコン世代……。

Hyouga_02
まずはウォーミングアップのパフォーマンス。
ブロックで作った傾斜に球を転がして、素早く取り上げていく。

地味なんじゃない? という声を感じ取ったのか……

Hyouga_05

Hyouga_11
パフォーマンスのレベルが上がっていきます。
ちなみに、このパフォーマンスに筆者も突発参加。
タイミングに合わせてヒョウガくんに向かってこのオレンジのボールを投げると、そのまま流れ良くリズミカルにボールを回し始めてました。

Hyouga_12

ドヤッ!

でも、色々やっておりましたが……

Hyouga_06
最後はやってくるものです。

最後にやったパフォーマンスは、

Hyouga_04
Hyouga_13
シガーボックスです!
しかも、テトリス型!
箱を宙に投げて、宙に放り出されている最中に箱の位置を入れ替えたりするパフォーマンスですね。

Hyouga_14
これにて終了!
途中、設備の不調でBGMがなくなるハプニングもありましたが、何とか乗り切りました、

……とおもいきや?

Hyouga_15
なんと、骸さんからアンコールの声が!
急遽、もう一パフォーマンス追加です。

Hyouga_10
アンコールの声に応えて、ディアボロ!

Hyouga_09
以上がヒョウガくんのこの日のパフォーマンスでした!

KKの総評

様々なぐれキャラを見てきたけど、これほどまでにダイナミックなパフォーマンスをする系統は初めてで、ぐれキャラとしては新鮮な目線で見られた。
また、ジャグリングをはじめとするパフォーマーが群雄割拠する中で、キャラ立ちするというのは非常に重要。となると、この黄色いドラゴンはまず印象に残る。
そういう点では強いなと。

ただ、上記にも軽く触れたが、ジャグリングはトークもまたパフォーマンスの一つだと感じられる。今まで何人か見てきたけど、トークの盛り上げ方がうまい人が多い。
そういう点では、この人間の言葉が発せられないというのは大きく不利に傾いているなという印象も受けた。
フリップを用意してもあるけど、それは事前に用意されたモノしかないのでアドリブにはものすごく弱い。
この点をいかに攻略するか。
喋られる、トークがうまいアシスタントを(それこそドラゴンマスターというキャラ設定で)つけておく工夫があると面白いかもしれない。

では、最後に他のぐれキャラとのショットを載せて終わらせよう。

Hyouga_g01

Hyouga_g02

Hyouga_g03

Hyouga_g04

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »