最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 怪盗は私たちに楽しい時間を与えてくれた | トップページ | 「#ラノベの仕事したい」持ち込みオフライン交流会 ~第2回~ を覗いてきた »

2016年6月25日 (土)

おもてに浮かび上がる日常と非日常の境目

Kamenya_0
ちょっと前のブログ記事でなぜ仮面を装着するのか・仮面をつける欲求とはどこからやってくるのかについて触れた。
自分の内面性を曝け出すための媒介ツールが仮面なのではないか。フィルターというよりも、仮面をつけることにより外見上別の何者かになれるために、だからこそ自身の底に隠していた本性を出せるのではないのだろうか。
そういうことに触れたと思う。

さて、いきなりだがそのことはとりあえず置いておこうじゃないか。
御託はいい。まずは仮面を見せろ! と叫ぶ方にお勧めしたいお店がある。

仮面屋おもて というお店が墨田区の曳舟に開店した。
もうこのブログを書いている現在(2016年6月25日)よりもひと月以上前の話である。
実は、筆者も2回お店に訪れた。
これまた以前にこのブログ記事でも紹介させていただいたマスクフェスティバルの主催者様が開いた店でもある。

Kamenya_1
Kamenya_2
Kamenya_9

見ての通りで、その名の通りに『仮面』のお店である。
扱っている商品は、仮面や仮面にまつわる書籍類である。
しかし、その種類は豊富であり、狐面などの定番なものやガスマスクやラバーマスク、ペストマスクなどのディープなものまで。中には、これはかぶれるのだろうか? と疑問に感じられる種類までもが扱われている。

Kamenya_7

Kamenya_4
Kamenya_5
お芝居に使えそうなものから、まさに件の過去記事で紹介したような『別の何者かになれる』仮面までもが揃えられている。ここに来れば、普段の自分とは離れ、内底に秘めていた自分の本性とご対面できる場なのかもしれない。

Kamenya_8

筆者の仮面装着時を激写した一枚

お店の人に声をかければ、仮面を試着することも可能。
(一部試着不可の仮面もあるので注意をお願いします)
自分に合うステキな仮面をじっくりと選べることができる。

 

どうであろうか?
このお店、何がまた魅力的かというと、曳舟にある何気ない商店街の一画に存在しているという点。

Kamenya_10
夕方ころ通れば、様々な食材やできあいの惣菜が店頭に並んでいたり買い物帰りの主婦とすれ違ったりする場。本当に日常の中にあるのである。
ただ、このお店だけがどことなく非日常の世界を醸し出している。その違和感こそが面白い。
そして、その日常と非日常が紛れあう 場 こそが貴重なのではないだろうか。
そういう場でこそ、仮面をかぶり普段の(日常の)自分を捨て去り、非日常の(真の)自分を曝け出しながら堂々と闊歩してやるといい。

先日訪れた時、斜め向かいにある書店のおばちゃんが一人お店を訪れて興味本位に仮面を眺めていた。
その後、筆者が店を出た時もどうだったかと問いかけられた。
意外と興味津々な様子であり、仮面に対する嫌悪感は微塵も感じられなかった。
浸透する空気は出来上がりつつあるのかもしれない。
あとは、仮面をつけた皆が日常に紛れ込めばいいだけではないか。

さあ、皆も仮面をつけて日常を闊歩してみよう。
まずは、仮面を求めて『仮面屋おもて』へ行こうじゃないか!

Kamenya_3

 

 

追記

7月10日に3度目の来訪。

なので、写真追加。

Cmzxkfvyaec3kl

Cmzw81ucaefvt

これは三猿、つまり「見ざる、聞かざる、言わざる」をモチーフにした仮面だとか。
編み物のようで、それを何かで固めている様子。
アイデア的にもデザイン的にも素敵な一品。

Cmq4pwviaan4bojpg_large

狐面と能面のコラボレーション。
……いや、角度的にそうなっただけだだが。
ちょっと怖い写真になったな。

他にも、多種多様な仮面が一杯です。
とにかく一度訪れてみては。

 

更に追記

7月24日に、2階部分が大幅に変わったという情報を聴きつけて4度目の訪問。

なので、その写真をまた追加します。

 


Cohny6ivuaejlwj  

Cohny6jvuaavjwb

Cohny6lueaa_aba

Cohny6nuiaijkly  

御覧のように、2階には木製の車を模した大型の棚が設置された。
これには正直度肝を抜かれた。
それ程広くはない空間にここまで大胆な試みを仕掛けてくるとは。
毎度来るたびに新鮮さを感じるお店であるが、今回は新鮮さというよりもその変貌に驚くあまりであった。
ディスプレーされた商品そのものが、まさに一つのアートとして生きているようである。買っていくのが惜しくも感じられる。(いや、買ってね)

 


Coh2q6susae5jwq

店先にはこのようなモニターを見かけた。
モニターには店頭が映っているだけで、一見なんなのか分からないこれ。

モニターの前へ近づけば分かる。
「カー!」と乾いた音とともにモニターに映された人の顔がアップになるのだ。
『ズームイン 顔』だそうです。

訪れた際は、こちらも是非チェック!

« 怪盗は私たちに楽しい時間を与えてくれた | トップページ | 「#ラノベの仕事したい」持ち込みオフライン交流会 ~第2回~ を覗いてきた »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136907/63828019

この記事へのトラックバック一覧です: おもてに浮かび上がる日常と非日常の境目:

« 怪盗は私たちに楽しい時間を与えてくれた | トップページ | 「#ラノベの仕事したい」持ち込みオフライン交流会 ~第2回~ を覗いてきた »