最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 横須賀 まち歩き 横須賀西部編 その2 | トップページ | 立ち上がってもいないが惑ってもいられないので »

2016年5月 8日 (日)

横須賀 まち歩き 横須賀西部編 その1

Photo

 薄曇りの中降り立った先は、京浜急行最南端の駅『三崎口』である。土曜日ということもあるのか、多くの観光客らしき人間が筆者と一緒にホームに降り立っていた。大分久しぶりに訪れた駅だが、まさかこれほど多くの人間が降り立つとは知らず、その状況の変化に驚かされた。三浦に対しては京急も車内広告で宣伝するなど観光集客に力を入れていたし、最近では小網代の森が話題になるなどで観光集客に成功しているのだろう。訪れた時期が梅の開花と合わさったせいもあり、梅目当ての人間もいたようだ。まさに、自然観光の土地というわけである。
 しかし、件の通りに筆者はかなり久しぶりに訪れた地。横須賀に住む者としては都心部に住む者よりも比較的行きやすい環境にあるのだが、なかなか足が遠のいてしまう。その理由としては、やはりそこが地図的に先端の地という立地条件が大きいだろう。その先には海しかなく、自然に関心を寄せられなければなかなか訪れる気にはなれない。
 かつて、三浦半島を走り抜けていた湘南電気鉄道では、終着駅は三崎口ではなくそのまま三浦市や横須賀の長井を通り横須賀西側を経由して逗子に出ていく構想があったそうだ。もしも、その計画が順調に進んでいたとなると、交通の便からしても事情が変わり、三浦市奥地や横須賀市西側へ行く理由も現れてきたかもしれないが。重要なのは、現状で三崎口から先へは電車で進めないということだ。この条件が、筆者の三浦市に対する意識を薄めている。
 さて、話を戻そう。駅に降り立った筆者は、さっそく駅前のバスロータリーからバスに乗り込んだ。ここからはバスである。まさに、湘南電気鉄道の事業計画がうまく進まなかった影響が、巡り巡って筆者の移動手段にも影響したのである。しかも、行き先は三浦市内ではない。
そう、バスの終点地が表示した地名は『荒崎』である。
横須賀東側から出発した筆者は、同じ横須賀の西側に出るために一度三崎口にまで出てそこからバスに乗り込み再度横須賀へと戻っていったのである。もう一度書こう。湘南電気鉄道の事業計画が進んでいれば、イチイチ電車から降りずに目的地付近まで出られたのだ。
バスに揺られること約三十分。道中はマグロの街と宣伝されながらも車窓は畑。潮の気配が感じられない。
やがて、横須賀に入り住宅街を抜けていくと急にひなびた漁港の風景が広がってきた。

Yokosukanishi3_2

長井の漁港風景

〇漁港から見えてくる横須賀西側
 見も知らずの田舎のバス停に一人降り立つと不安になる。見知らぬ異国の地に取り残された気分だ。もちろん、自らの意志でこの地へ赴くことを選択したのだから取り残された感情はおかしいのだが。それでも、土曜の昼間に少し離れた場所で地元の子供が数人いるだけで静まり返ったその地は、降り立った筆者を不安にさせるには十分だ。しかも、目の前にある光景は、誰もいない漁港。
 それにしても、この辺りの住人は横須賀の西側に住むことに対しどのような意識があるのだろうか。同じ横須賀でも中心地である横須賀中央駅や汐入駅に出るまでには車がないと不便である。首都圏という立地条件にありながらもモータリゼーション社会がここにはあるのだろう。横須賀の西側地区を観察するというのは、そういう首都圏の郊外の郊外に位置する住人の生活空間を観察するという意味合いがあるのかもしれない。駅周辺から離れた地域で生活するということは?
 その一番の特徴が、筆者の目の前に広がった漁港の風景ともいえるだろう。
 この長井一帯に広がる漁港。『横須賀市勢要覧』を参照すると、地区別漁業経営対数で見ると長井が横須賀の漁港で一番なのが分かる。その次が大楠であり、1・2位が相模湾側であるのは大きな特徴と言えるだろう。つまり、この数字からも横須賀の西側という地区は相模湾から恩恵を受けた漁港の街ともいるのではないだろうか。
 余談になるが、同じ横須賀市勢要覧を参照してみると、横須賀の漁獲高で多い魚はかたくちいわしやサバ類になる。また、長井ではサザエの素潜り漁が見られるのも特徴だろう。かたくちいわしとなると、つまりは相模湾のしらすということになる。湘南しらすとなると、江ノ島近辺を思い起こす人が多いかもしれないが、この横須賀の長井でもしらすは味わえる。筆者はこの街歩きにおいて楽しむことはなかったが、読者の皆様は横須賀西地区に赴いた際は是非とも堪能してほしい。

Yokosukanishi1

バス停を降りると、そこには漁港が広がっている

Yokosukanishi2

この辺りの海はヒョウモンダコという猛毒を持つ蛸も出るので注意が必要

〇荒崎
 改めて荒崎の話に戻そう。
 荒崎のバス停で降りた筆者は、そのまま海沿いの道に沿いながら自然公園を目指した。何年か前までは横須賀の観光地となるとこの『荒崎』という地は上位に入ってきたものだが、美術館やソレイユの丘などができ、更には某ブラウザーゲームの影響もあってか三笠公園の入場者も大幅に増え汐入の軍港めぐりも好評であり、今では荒崎もすっかりと影を潜めることになってしまった。その影響かは知らないが、バス停から自然公園までの道は誰ひとりとも遭遇せず。公園内ではそこそこの観光客はいるものの、賑わっているという言葉で表現するには躊躇われるほどの光景であった。ただし、そんな辺鄙な地であっても外国人の姿が見られたのには驚きがあったのはここに記しておこう。もちろん、中国系の方々も見かけた。こんな辺鄙な地まで来るエネルギーには感心する。
 荒崎という地は、写真の通り一言で表すならば岩場。岩場と言え、それほど殺風景な印象はない。外国人観光客には負けないほどの自然エネルギーにより形成された風光明媚な景観が、広範囲に広がっている。その岩場を超えるとパロラマに展開する相模湾は開放的で心地いい。鷹揚と飛び交う海鳥の姿は、海風とともに訪れた者へ穏やかな時間を確認させてくれる。晴れ渡っていれば富士山までもが拝める場所だ。残念ながら、筆者が訪れた時は富士山の影も確認できなかった。
 更に、写真のように自然が作り上げた豪快な景観もそこには広がる。
 海面に接した洞窟や奥まった入江はまるで海賊の隠れ家だ。ここに平安時代の海賊が財宝を隠した、なんて逸話が残っていてもおかしくない光景が見られる。

 

横須賀 まち歩き 横須賀西部編 その2へ

« 横須賀 まち歩き 横須賀西部編 その2 | トップページ | 立ち上がってもいないが惑ってもいられないので »

まち歩き」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136907/63576379

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀 まち歩き 横須賀西部編 その1:

« 横須賀 まち歩き 横須賀西部編 その2 | トップページ | 立ち上がってもいないが惑ってもいられないので »