最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 仮面をかぶることにより、見えてくる世界もある | トップページ | 横須賀 まち歩き 横須賀西部編 その2 »

2016年2月29日 (月)

第2回マスクフェスティバルとステキな人たち

前回の記事では、なぜ筆者がマスクフェスティバに出向いてマスクを求めたかの説明をした。
その説明だけである程度の分量の文章を書いたので、分けてこの記事では写真中心に会場の様子と気になったブースを紹介する。

Maskf_2

まずは坂爪康太郎さん (@tumetter) のブース。
筆者が一番最初に訪れて、一番長居したブースかも。
そして、何よりも記念すべき筆者初の仮面購入デビューがここ!
写真左側に置いてある謎の幾何学模様。これを丁寧に開いていくと、トルソーにかぶせてあるようなマスクに早変わり。
このマスク、見ての通りで折りたためるので平面にでき持ち運びに便利。しかも、広げれば立体的になるので、筆者のようにメガネをかけていてもかぶれるのだ。ポイントが高い。
製作者の坂爪さん、非常に落ち着いた人で丁寧な説明が好印象だった。

 

Maskf_3 

段ボール人間集団MM5さん (@MM5_cardboard)
様々な場所で回収してきた段ボールを写真のように仮面へと変化させていた。
発注した段ボールでなく、回収してきた段ボールを使用しているのが一つの特徴。
あえて安っぽさを出しているのだろう。
主宰の人と話をしたら、芸大生だとか。また、段ボールを売るだけでなく、その段ボールを使ったパフォーマンスも会場内で展開していた。
仮面を作る側面よりも、そのパフォーマンスのほうに注目すべきか。

Maskf_4 

このお手伝いさんが着込んでいる段ボールに、「名前」か「いぬのえ」を会場内にいる人に書いてもらうパフォーマンス。
筆者も、背面に名前を書き込んでおいた。

Maskf_5  

こちらは、光るマスク Make bright さん

Maskf_5_2  

写真では分かりにくいけど、このマスクは光るのです。
暗闇で被れば効果抜群だ!
説明を聞くと、光るチューブのような何かを一筆書きのようにマスク上に走らせてイラストを描いているとか。なので、一筆書きで描けるイラストなら特別発注も受け付けているとか。
まさに、地下(室)舞踏会などひらいたときには人気抜群になりそう。

Maskf_6 

個人的には同じみな異形商店さん
アーティズムマーケットなどでも見かけますね。というか、写真左の虚無僧さん、ハロウィンやデザフェスでも見かけた気がする。
この二人の格好がもう、グッときますよね。
おそらく、そういう人をターゲットにしているのでしょう。
写真のような仮面だけでなく、文庫本にかぶせればあっという間に魔導書や秘伝の書に早変わりするブックカバーなども扱っていて、芸が細かい。
そして、筆者はここでも仮面を購入!

 

Maskf_7  

お面のかしま屋さん
今やよく見かけるようになったきつね面。そのきつねをこのように少しどぎついようであでやかに、立体的にデザインしてます。
このデザインが、他のきつね面とは違い迫力が出ていますね。
店主二人に話しかけてビックリ、作者は女性の方でした。

Maskf_7_2  

写真右の小柄な方が作者。
左の方(男性です)は広報担当だとか。
左の方と少し話しましたが、非常に創作意欲湧くお話が出てて非常に充実しました。
ありがとうございました。
で、この方とも話したのですが、なぜきつね面が流行っているのか。推測の域は出られないのですが、アニメ漫画などのコンテンツでも頻繁に使用されるアイテムであり馴染みが出ている。更には、若い女性にはファッション感覚で身に着けられる。そういう特性から購入される方が増えているのではないかと。
また、装着すれば別のペルソナを引き出して……などの話にも。
創作者だけでなく、利用者側の意見ももっと聞けたらな。

でも、この身長さあるきつね面カップルというのもまた、シチュエーションとしてはバッチリですよね。創作の中に出したくなる。

Maskf_8

 

Maskf_8_2  

仮面屋狐火食堂 あるいは 秘密結社兎の角 さん
本革でできたきつね面です。高級感溢れてます。それだけに、有り触れたきつね面とは風格が違う。
しかも、どれも一点もの。
やはり、いい値段なのですが、なんとここではクレジットカードが使えました。
こういう作品だけでない細かいサービスを仕込んでくるのは脱帽ですね。

Maskf_10 
Maskf_10_2  

kemuri works さん (@kemuriworks)
スチームパンク系の空気を醸し出すブース。
ゴーグルが本当に魅力的で、しかもそれほどお高いわけではない。
筆者の資金がもう少し豊富なら購入していた。というか、欲しい。次のイベントで買う。
他にも、昆虫系のアクセサリーなども扱っている。
ブース全体の空気が非常にセンス良かった。

以上、気になったブースの写真でした。
最後に一枚。

Maskf_9  

今回、出展者以外の方で本当に多くのマスクをかぶっていた人を会場内で見かけられた。
アーティズムマーケットといい、こういう会場に来るたび感じるのだが、素顔でいる人間の方がなんだか異邦人なのではと錯覚する。人間ではない何かが正常であり、人間である存在の方が異質であり、異端者なのではないか。
そして、そんな人間でない存在が集まり、その存在をたたえ合っている場がこういう空間なのではなかろうか、そういう気分で支配されてしまうのだ。
実際、ご自慢のマスクをお披露目する場としても機能しているのだろう。まさに社交の場。
(それが故のマナー問題もちらほら浮上していたようですけど……)
別のペルソナを引き下げて、日常とは違う自分を曝け出し、他者も社会も誰もが提示してくれない何者かになろうとしているに違いない。
マスクをかぶることによって奥底に眠っていたペルソナを引きずりだし、誰も想像していなかった何者かになったとき、その者はきっと誇れる存在になっているに違いない。
だからこそ、みんな別の顔を求めているのだろう。

筆者も、購入した2点のアイテムを使って眠っていた何者かになり、新たな形で社会へと再アプローチをかけてみようとするか。

« 仮面をかぶることにより、見えてくる世界もある | トップページ | 横須賀 まち歩き 横須賀西部編 その2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136907/63276357

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回マスクフェスティバルとステキな人たち:

« 仮面をかぶることにより、見えてくる世界もある | トップページ | 横須賀 まち歩き 横須賀西部編 その2 »