最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 謎のゲームマスターからの挑戦状 | トップページ | アナログゲームして同人誌企画に参加! »

2014年6月 7日 (土)

伝説の伝説募集

27日18時まで締め切り延ばします。
まともな学園祭、もしくは奇抜な学園祭、異世界学園祭などのネタが足りてません。
宜しくお願いします。

 

前の記事は読んでもらえただろうか?
まだ未読の方は、まずこちらに目を通してほしい。
そうだ、謎のゲームマスターから挑戦状が届いてしまった。
こいつは一大事だ!

しかし、OGD側も黙ってゲームマスターに唯々諾々と企画を蹂躙されるわけにもいかない。
こちらもより企画が盛り上がるように仕向けていこうじゃないか。

そこでだ、君たち読者の登場である。
そう、今回の企画は君たち読者の力が加わってより盛り上がるのだ。
君たちだって、ただ企画で出来上がった本を読んでいるだけもつまらないだろう?
なら、是非とも企画本体に乗り込んできてほしい!

では、下記に読者参加型の企画説明を記載しよう。

------------------------------------
文化祭の「伝説」を募集します。
簡単に説明すると、文化祭で起きた(起きる)伝説的出来事、もしくは人物の内容を募集します。
文化祭は中学でも、高校でも、大学や専門学校の学際でも、なんでしたら小学校でも何かしらのフェスでも構いません。デザフェスみたいなイベントも大人の文化祭的な空気でいいですね。
(でも、なるべく中学・高校・大学でやってくださいね)

1例を紹介しましょう。


タイトル

帰宅部無双

伝説の内容

内容1
いつもひっそりとしている学校のどの組織にも所属していない連中が、部活・委員会中心の文化祭で突発的に大活躍する。

内容2
部活・委員会加入率98%を誇る高校の文化祭。毎年の主役は各部活や委員会なのだが、今年の文化祭は残り2%の帰宅部が台風の目となり、まさに台風のごとく文化祭を荒らしていく。
帰宅部が通り過ぎたブースはどこも荒れ地と化す。
一体、残り2%の帰宅部とは何者たちなのだろうか?
彼らの隠された本当の姿とは?

伝説の人物・伝説のアイテム・伝説のセリフ・伝説の場所
15時30分からの男
その男、学校での活動は一切目立たず、授業中は死んだように眠っている。
だが、15時30分になるや、人が変わったかのようにえらい勢いで学校を駆け抜けて、どこかで何かをしている。
だから、人は彼をこう呼ぶ「15時30分からの男」

 


タイトル

委員長の気まぐれフラペチーノ

伝説の内容

内容1
クラスの委員長が思い付きで文化祭においてカフェをはじめ、そこで「フラペチーノ」をメニューとして出そうとする。

内容2
喫茶店をやりたいと突発的な発言をしたお嬢様系委員長。委員長の力はクラスでは絶対だ。誰も逆らえない。
その上、メニューではまたも思い付きでフラペチーノを出したいという。
しかし、誰もフラペチーノがなんなのか知らない。
そこで、クラスのみんなは知識がないながらもフラペチーノを作り出すのだが、そこで出てきたフラペチーノは……。
今、伝説のフラペチーノが誕生する!

伝説の人物・伝説のアイテム・伝説のセリフ・伝説の場所
「彼女、私たちが見てない間に白い粉入れた! あれ入れてから行列できたのよ!」

 

お分かりになられましたでしょうか。
上記のように、伝説の

「タイトル」
「内容(1・2)」
「伝説に出てくる具体的な人物 or アイテム or セリフ or 場所」

の3要素を考えてください。
3つ目の人物・アイテム・セリフ・場所はどれか一つで構いません。こういうアイテムを持ったこういう男がこういうセリフをこういう場所で吐いた、などのように3つ出してもいいです。
また、「内容」は1と2に分かれます。これは、1は1行で説明できるような簡略的な内容。2は、より具体的な内容。誰が何をどうしたかまで書いていただきます。(起承転結の起承までを考える感覚ですね)

ただし、3つ全部思いつかない、という方もいられると思います。
より多くの方々に参加していただきたいので、もし3つ思いつかないのでしたらどれか1要素でも構いません。思いついた要素を投稿していただけますでしょうか。
バラバラに集まった要素を、KKが手を加えて一つの伝説に仕上げてみます。

 

上記3要素が、ゲームマスターからの挑戦に出てきたゲームによって割り振られることになります。
つまり、ゲーム時に高得点を出せれば「タイトル」のみの割り振り。タイトルだけなので設定は自由にできます。
逆に、低い得点に終わると3要素全てを作中に出さなくてはいけません。
内容だけならともかく、人物やセリフまで縛られるとなると作者も面倒ですよね。
その企画レベルを考えるのが、皆様読者なのです。

ノリは、深夜ラジオや雑誌の読者投稿コーナーにネタを送るのに似ています。
徹底的にボケに走っても問題ないです。もちろん、真面目に伝説を考えてもらっても問題ないです。両方の空気が混じると面白いですね。

注意
投稿に際して以下の注意を守ってください。
・読者層は10代も含めます。過剰な暴力表現・性表現など、もしくは実在する人物・団体への誹謗中傷や犯罪に使えるアイデアなどの記載があった場合はお断りさせていただきます
(本そのものが成人指定にしなければならないような内容はお断りします)
・実在する人間や企業名、商品名は避けてください。

 

伝説の応募はこちらの専用フォームからお送りください。
応募に際して下記の内容は必須です。
・上記伝説3つの要素。
・採用されたときに公開していい名前、ペンネーム
・連絡先メールアドレス

・KKへの励ましのお言葉(可能なら)

締め切りは、6月26日(木)の24時までになります。

採用の発表は、6月28日(土)のUst放送にて予定。

何か質問があれば、こちらのコメント、もしくはクロフネ(@kurofune3)へのDMにて受け付けます。メールフォームへ質問と記載して投稿していただいてもかまいません。

以上、皆様のご応募をお待ちしております。

------------------------------------

いかがであろうか。

そう、読者諸君のアイデアこそがこの企画をより刺激的な内容にするのだ。
作者への挑戦状をたたきつけたくなったのではないだろうか?
ならば、今すぐ投稿フォームからその頭にわいてきたアイデアを送りつけるのだ。
そして、企画参加者や謎のゲームマスターを混乱させてやろう!

読者諸君の協力を待っているぞ!

 

« 謎のゲームマスターからの挑戦状 | トップページ | アナログゲームして同人誌企画に参加! »

文学フリマ」カテゴリの記事

男一匹元気が出るディスコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の伝説募集:

« 謎のゲームマスターからの挑戦状 | トップページ | アナログゲームして同人誌企画に参加! »