最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 表紙 募集案内 | トップページ | 男一匹元気が出るディスコ season2 メンバー紹介第1弾! »

2013年2月 2日 (土)

みなさん、さようなら 鑑賞

注意 ネタバレあり

クロフネは団地在住今年4月で丸31年になる。30年以上、つまりは人生の大部分を団地で過ごしてきたことになる。しかも、県営の団地だ。

県営を強調することに何を意味するのだろうと感じる人もいるかもしれない。
重要なことなのだが、あえてそれが何を意味するかはここに書かないことにする。
ただし、この県営(都営)かURか社宅か、更には賃貸か分譲かという違いは団地住人には大きな違いをもたらしているのは確かなことだ。団地を知らない人でもそれはそうなのだと思っていてほしい。

 

さて、本題だ。
みなさん、さようなら」という映画を観てきた。
久保寺健彦氏原作の団地を舞台とした作品である。
そう、団地が舞台であり、劇中はひたすら団地が映るのである。
団地愛好家にはたまらない作品と仕上がっている。団地愛好家のクロフネも、もちろんやたらに映る給水塔や近所住人の家を映されたような感覚になる団地の室内に興奮したものだ。
いや、もちろん団地に興味ない人でも楽しめる。そもそも、団地愛好家など意識して作られた作品ではないのだから。団地に興奮している観客はかなり稀なケースだ。
そもそも、なぜここまでひたすら団地が劇中で映るのか。実はこれがこの作品のカギなのだ。
予告編を観ればわかる通りに、主人公はとあることがきっかけで団地から出られなくなるのである。団地を出ようとすると発作が起きて出られない。だから、団地から出ずに一生をその団地で終えようと決意する。そこから話は始まる。

そう、「団地を出るか出ないか」問題に通じているのだ

それは、まさに団地妻作品でも描かれてきた問題。
1970年代初期に撮られた昭和版団地妻は最終的に目黒の高級マンションに住む相手と不倫して団地を出た。
団地族という言葉が廃れ、マンションの地位が上がってきた時代を象徴した結論だ。
しかし、平成版団地妻では給水器を売り歩く×1子持ちでアパート住まいの将来が見えない男と不倫し、最終的には「こんにちは」とセリフを残して団地を出ない結論を見せた。
作中では団地内で高齢化問題が深刻になり、先輩住人がこのまま何もなく団地の中で一生を終えてしまう不安を強調していた。平成版は、そこでの団地を出ない(出られない・出た先に希望がない)結論である。

団地は、戦後の悪化する住宅事情を解消するために造られてきたインフラ。
団地初期は若く収入がまだそれほどでもない夫婦が住むことを想定した住宅。
つまりは、やがて子供ができ成長して手狭になり、収入も年功序列の社会によって上がってきたところで引っ越してもらうことを想定していた。
それが当初の団地生活スタイルだった。

それが、見ての通りの社会的光景となってきた。
何十年もの長きにわたり団地に住みついてきた人も多い。社会に出たてで入居した住人も、築40年の団地ではもはや年金生活に入ろうとしている。
だからこその団地を出る出ない問題になる。

いや、この映画にとってはそこまで現状の課題を浮かび上がらせて作品を通して問題提起するつもりはないのだろう。
しかし、団地生活31年のクロフネからすると、この団地から出られないという要素はどうしてもそこに絡めてしまうのだ。

しかも、作中では小学校卒業時から始まり主人公が30になるくらいまで続いている。
その間に描かれる団地が、妙にリアルなのだ。
主人公とともに、団地も実社会に沿った形で年齢を重ねているのである。
107人いた同級生が少しづつ減るように、団地も少しづつ状況を変える。高齢化問題、外国人問題。やがては建物老朽化問題により一部の棟が取り壊されていく。大幅に入れ替わる住人、衰退していく団地。
それは、まさに団地が抱えた(特に都営・県営)大きな問題だ。

しかし、作品は違う一面を見せる。
団地は衰退していく。
しかし、主人公は成長していくのだ。
そう、衰退ではなく堅実に強くなっていく。
精神的にも、肉体的にも。
まるで、衰退する団地を一人で必死に励ますかのように。
そこでしか生きられないからこそ、団地の衰退を励ますかのように。
衰退と成長、その流れが作中の流れで実にしっかりと描かれていて、最後の方での両方の結果が描かれ本当に見事だと思った。
最初に作った流れをうまく取り込めているのだ。
だからこそ、最後で大山倍達の映像とリンクした格闘シーンに感動が生まれる。1本指での腕立て伏せに観ているこちらも感動を覚える。主人公は迷いを見せずにずっと信じ込んできたことが最後の最後で成就する。そこに達成感を覚えずにはいられないのだ。

そして、ラストの結論である。

みなさん、さようならでは、団地を出る出ない問題にああいう形で結論付けた。
流れからすれば当然であろう。
主人公のその背中に対し、もはやクロフネはうなずくしかなかった。
主人公は成長を見せ大きくなっていった。

団地は衰退していく。残っている住人は、その姿に何を見出すのだろうか。
留まってはいられないはず。主人公のように、信じる道へ突き進まなければ。

ちなみに、文章内で団地全体が衰退している印象を与えてしまっているが、建て替えられた団地はむしろ東雲を代表するような団地になっていたりもするので一概に 団地=衰退 という方式は成り立たない。
ただ、都営・県営はどうしても予算もあるし、住人が高齢者ばかりだし、家賃が家賃なだけに住人も色々とね。

« 表紙 募集案内 | トップページ | 男一匹元気が出るディスコ season2 メンバー紹介第1弾! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136907/56682989

この記事へのトラックバック一覧です: みなさん、さようなら 鑑賞:

« 表紙 募集案内 | トップページ | 男一匹元気が出るディスコ season2 メンバー紹介第1弾! »