最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 男一匹元気が出るディスコ シーズン2 | トップページ | 男一匹元気が出るディスコ シーズン2 募集要項簡略版 »

2012年12月 2日 (日)

対大阪文学フリマ用企画 趣旨説明

男一匹元気が出るディスコ シーズン2

大変遅くなりましたが、企画の趣旨説明を致します。

といっても、前回の企画と基本はほぼ変わりないのですが。
前回の企画はこちらをお読みください。

http://kingkurofune.cocolog-nifty.com/kktheater/2011/11/post-fb0c.html

単語と単語をつなぎ合わせて新たなフレーズを作り、それをお題として各参加者へランダムに割り振る。参加者は、振られたお題をテーマに沿って作品に仕上げる。
基本はこれです。
変わったお題を振られて、参加者がいかに想像を膨らませて料理し、作品へと仕上げるかが企画の面白みになります。
お題割振り者対企画参加者という構図で見ても楽しいかもしれません。

こちらの企画を元に、修正点・削除点と追加点を説明していきましょう。

修正点

前回SFというテーマは設けましたが、それ以外の細かい制約は特に用意しませんでした。
つまり、SF要素が入っているならばコメディーにしてもホラーにしてもおとぎ話な空気にしても構いませんでした。これは、様々な人間が絡んでいてそれぞれの得意要素も違っていたため、あえてそれぞれの魅力を見せつけてもらうために厳しくはしなかったのです。
そのため、出そろった作品のジャンルは多岐にわたり、個人的にはそのバラエティーに富んだラインナップが特異な空気を作っていてOGDらしさを作り上げたと感じていおりました。
ただ、残念ながら伺えた意見を精査すると、どうもその辺の感覚がいまいち伝わりきれずに逆にばらばら感を強く感じていた、胆摘に言えばバラバラ感がマイナスなイメージを読者に与えていた様子であります。
そのため、以下のように修正したいと存じ上げます。

空気感を揃える

前回はギャグ路線から暗い話まで陰と陽両方が入り混じる本になりました。
しかし、次は極力空気をそろえてみます。
企画立ち上げ時点でやっていたことがかなりノリの軽い空気感だったため、この空気感を強調します。
具体的には、ギャグ路線や爽やか路線、ラストを読んでスカッとするようなストーリー展開です。小難しい話や暗い展開はなしにしようと考えます。
(小難しい話や暗い展開が嫌いではなく、原点を強調することを意識しての今回の判断になります)
求める作品に関しましては、基本は限定しませんが、極力小説やマンガなどのストーリー性あるものやイラストや写真、詩や架空評論などを求めております。
特に求められているジャンル・キーワードは「ギャグ・コメディー」「青春」「人が死なないミステリー」「日常系」などになります。
本全体を通して、「バカだな~」「ゆる~いな~」「青春だー!」「若いぞー!」みたいなイメージを読者に抱かせるような本にしていきたいです。

お題の改善

こちらは参加者の方々から指摘が入ったのですが、お題がやりにくかったそうです。
しかも、複数人から入りました。
したがって、大幅に改善します。
テーマに沿った分かり易い(なおかつ滑稽な)単語をチョイスしてフレーズ作りを試みたいと考えております。
具体的な一例としては、前回に使われた「墾田永年私財法」や「W浅野」「ムーンブルク」などのイメージが固定されてしまう単語は使わないように考えます。
もしくは、特定の人用に作るなどの処置をおこないます。(ネタ専用参加者用と通常参加者用に分けるなど)
それにあたり、お題づくりメンバーを変えることも考えておりますが、それに関しては色々と手回ししたいと考えております。

削除

サブテーマの廃止
作品の縛りを強くする要素となっていた(書きにくさの一つともなっていた)サブテーマですが、こちらも廃止します。
メインテーマとお題、それに明るい空気という要素だけを提示して、あとの作品は参加者に任せることにします。

テーマ

では、肝心のテーマは?
まだ仮ですが、クロフネが考えているテーマは

学園

です!
明るい空気となると、クロフネが浮かぶのは若さ、青春、希望。となると、「学園」が思いつく結果になりました。
とはいえ、学園といっても中学や高校、大学などの教育機関に限定するつもりはありません。そういう縛りはなしにします。具体的な例としては塾はもちろん、自動車教習所や英会話スクールなどの変則的な場も問題ないことにします。つまりは、学生に限らず社会人を主人公にすることも可能です。そういうところはOGDの特徴でありますから。とはいえ、あくまでも飛び道具という感覚でいてほしいですが。

追加

宿題
ということで、テーマは学園を考えております。
それに便乗する課題も考えております。
現状の条件だと企画として何か物足りない気がしてならなかったので一つ新たに考えました。
それが、「宿題」です。学園といえば宿題となります。
といっても、簡単な質問に回答してもらう程度です。
その回答の仕方は普通に答えてもらうのも問題ないし、ボケに走るのも構いません。
そこで参加者の個性が出ると面白いと考えておりますので。

 

宿題なしです。

・本のタイトル
前回の本のタイトルは企画名をそのまま流用し「男一匹元気が出るディスコ」にしました。
また、サークル名もそのまま同じそれにしました。
今回も、サークル名に限っては同じ「男一匹元気が出るディスコ」にしようと考えております。一度出たサークル名であるため、また、その後も別サークルながらも引き続き2度に渡り本は売ってきました。そのために、多少なりとも知られていると思われるからです。
あまりサークル名を変えていては、固定ファンが付きにくくなりますので。
ただ、本の名前は変えようと考えております。学園の空気感が出る単語と、OGDらしい単語のかけ合わせでつけられたらと考えておりますが。
もちろん、表紙を担当する方はそれがお題になります。

→本のタイトルは「突撃!! 放課後オールスター」に決定しました。

 

上記が、今回新たに変更した企画の趣旨になります。
その他の参加条件などは近日中に発表いたします。それまで是非参加のご検討を宜しくお願い致します。

 

追記

現状決まっている詳細を記っしておきます。
参考 前回の企画概要→ http://kingkurofune.cocolog-nifty.com/kktheater/2011/07/index.html

原稿
小説や評論などは、400字原稿用紙換算で50枚(前回30枚)に広げます。
文字数で書くと、単純に400×50で2万字と考えて結構です。
(実際、原稿用紙で2万字書けば50枚オーバーするでしょうが、多少のオーバーは構いません)
メンバー数を減らす代わりに原稿数の制限を緩くします。
漫画は12ページ。
イラスト・写真などは6ページ。
ネタ投稿コーナーは6ページ。
どれも、最低1ページからになります。最大ページ数は参考程度に。超過分は応相談。
最低1ページは埋めていただけるなら、小説でも構いません。
(参加者の多数が一ケタのページ数だと困りますので、極力小説などページ数が多めにできる方は長めを意識していただきれば幸いです。とはいえ、あくまでも目標ではありますが)

本のサイズ
前回に引き続き「B5」「右綴じ」を予定。

原稿料
本の制作にかかる代金など(印刷費や出展料、スペースを演出する備品代)は、基本的にクロフネが払います。
ただ、原稿料は出来上がった本1冊のみとさせていただきます。
(地方にいて直接クロフネから手渡しできないという方には、クロフネの輸送費持ちで発送いたします)
その代わりに、参加者の個別活動(同人誌即売会だけでなく、個展、イベントの参加、本の出版など)がある場合は、こちらのブログやtwitte( @kurofune3 )などを活用して宣伝協力させていただきます。

原稿締切
2月初めを考えております。
そのため、お題割振りは12月中に済ませたいと考えております。
急なスケジュールではありますが、何卒ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。

→締切は2月末日にまで延長しました。
お題割振り結果はこちらになります。

おまけ
サークルのビジョン・方向性

我々男一匹元気が出るディスコは、主に文学フリマを中心とした同人誌即売会を主戦場としております。
文章系のサークルと思われがちではありますが、表現の主体はそれだけに限らずにイラスト・写真・詩・ネタ投稿など特定のジャンルに限定することなく幅広い表現を組み込んで購入者に至上のエンターテイメントを提供することを心がけています。
また、イベントに参加する数多くのサークルに埋もれることなく、奇抜な企画力と作品を提供することにより、参加したイベント自体の幅を持たせることに貢献致します。
難い純文学でもない、既視感溢れるエンターテイメント小説でもない、頭を捻る評論でもない、斜め上から放り込まれてくる未知との遭遇こそが男一匹元気が出るディスコです。

以上

« 男一匹元気が出るディスコ シーズン2 | トップページ | 男一匹元気が出るディスコ シーズン2 募集要項簡略版 »

文学フリマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対大阪文学フリマ用企画 趣旨説明:

« 男一匹元気が出るディスコ シーズン2 | トップページ | 男一匹元気が出るディスコ シーズン2 募集要項簡略版 »