最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 文学フリマ 配置決定 | トップページ | 明日から休講です に迫ってみる »

2011年10月21日 (金)

男一匹元気が出るディスコ 参加作品紹介第2段

O.G.Disco 作品紹介第2段。
今回は、「異形の宴 そして」「ハイカラ墾田永年私財法」「宇宙囚人女将を呼べ!」の三つ。

 

・異形の宴 そして(くまっこ)
くまっこにっき ←なんと、くまっこさんのブログで冒頭部分が読める。

なんとも不思議な作品。幻想ファンタジーとでも言うべきか。
人の夢を覗いているような気分に陥る。実際、夢のシーンから始まるのだが。
悪夢ではないが、夢独特の正常世界から何かがずれた世界を舞台にした夢。
異形の宴ではあるが、決しておぞましい存在が出るわけでもない。おぞましくはないのだが、夢心地な気分には持っていかれない。
なんともうまく表現できないが、それも「異形」と「平行」という要素を絡ませた結果なのだろう。
平行した異形の世界。二重の世界で織りなす少年と魔女の話。太陽と月。
少年は魔女を守り、その先に真実を見る。

・ハイカラ墾田永年私財法
空想少年はテキストデータの夢を見るか? ←添嶋さんのブログでうっすら読めてしまう!

タイトルがタイトルなのでどうなるかと思ったのだが、作者の器用さに助けられた。
作品は、この企画唯一の詩だ。
大正時代の色にじむハイカラに平安時代の墾田永年私財法、さらにはサブテーマ“未来”と時代背景が滅茶苦茶なのだが、うまくまとめていただけた。
逆に、このタイトルをいかにまとめたかを確かめてもらうのが一つの醍醐味なのかもしれない。
冒頭部分に墾田永年私財法に関して書かれているが、でっち上げたとはいえ面白い試み。しかも、法が適用されるのは惑星開拓としっかりSFを意識している。
そう、時代背景の無茶苦茶さに加えてSFまでも取り入れなければならない課題。
さあ、皆さんも気になるだろう?

・宇宙囚人女将を呼べ!
宇宙囚人はウルトラセブンのサブタイトルから取り、女将を呼べはもちろん海原雄山。
そんなSF作品あるのか? あるんです! ここに!
お題が割り振られた前時くんは、文学フリマでは学園モノを主に書いていた人。
そんな彼のことだから軽い作品が仕上がってくるのかと考えていたら、見事に裏切られた。もちろん、いい意味でだ。
学園モノなんかじゃない。おっさん宇宙囚人二人組がメインの話が届いたのだ。
これには驚かされた。思わず、なんだこれは! 女将を呼べ! と怒鳴りそうになったが、読んでみるとどうだろうか。この料理が気にいったからシェフを呼んでくれ、挨拶をしたい。という気分になった。
これがまた、SFなのだ。
「女将」という要素をキーワードに宇宙監獄から脱出を試みる二人。二人の運命はいかに?!

« 文学フリマ 配置決定 | トップページ | 明日から休講です に迫ってみる »

文学フリマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男一匹元気が出るディスコ 参加作品紹介第2段:

« 文学フリマ 配置決定 | トップページ | 明日から休講です に迫ってみる »