最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 放課後(図書館号) 感想 | トップページ | 刈り上げジャンヌダルク 感想 »

2010年12月12日 (日)

Mist -霧の向こうのあなたを知りたい- 感想

文フリ戦利品 感想第2段(微妙にネタばれ

サークル「ツキヨトイカイ」さんのMist -霧の向こうのあなたを知りたい- 読了。

ヤンデレサークルと謳っているだけに、ヤンデレ小説である。
文学フリマでヤンデレものを買うのは初めてである。別にヤンデレ趣味が強い自分ではないが、軽くヤンデレキャラを登場させたこともあるのでヤンデレジャンルが気になっていたのは正直な話である。

まず指摘したいことがある。
誤字脱字
短編小説にしては(長編でもダメなんだけど)、誤字脱字が目立った。
これは致命的すぎる。物語の質関係なく評価が崩れてしまう。勿体ない。

細かいとこをもう一つ突けば、登場人物の名前は芸能人から借用しない方がいい。
その芸能人のイメージが出てきてしまって壊れてしまう。

さて、本質の中身である。
物語は、霧が町中を覆う環境の中で展開する。
霧の中でとある事件を起こした少女が久しぶりに街中の公園へ出掛け、そこで一人の浪人生と出会うことから始まる。、
霧の中であり、相手の顔が見えない中で交流を深めていく。お互いにたどたどしく決して顔を合わせない、不思議な境界線を越えようとしない、そんなもどかしくもある展開が個人的には好きだ。
肝心のヤンデレ要素は序盤は潜めている。潜伏しつつ様子をうかがう。
それだけに、どこかミステリアスな空気を孕みつつ不器用な二人の恋愛もののような展開から開始するわけだが、それが主人公の過去に触れるようになり徐々に崩れ出していく。
ヤンデレ要素が見え始めてくると、物語は毒気を滲みだしていき空気もガラリと変えていく。
ただ、それほど露骨な表現はない。
毒々しいわけでなく、どこか純でせつない要素を見せている。
終盤は霧が晴れていくようにすっきり感が見え始めてくる。
正直、この展開にはがっかり感を覚えていた。ヤンデレ読者全般がどのような感覚で読んでいるかは知らないが、やはりヤンデレキャラが異常性を見せるところに何か言いしれぬ興奮を覚えるのではないだろうか。それがこの展開で終わってしまえば消化不良で終わってしまう。それだけに、がっかり感を感じてはいた。

だが……

そう、「だが」があるのだ。

しかも、たった3行のみで表現された。
その3行があったからこそ、救いは壊され、ヤンデレ読者はある意味で救われた。
この3行があったからこそ、個人的にはこの作品は買ってよかったかなと思える。

ヤンデレ好きはとりあえずチェック。

« 放課後(図書館号) 感想 | トップページ | 刈り上げジャンヌダルク 感想 »

文学フリマ」カテゴリの記事

コメント

初めましてサークル・ツキヨトイカイの闇野夜美と申します。
このたびは、本を手に取ってくださり、ありがとうございます。
誤字脱字の多い中、最後まで読んでいただき、また感想まで書いていただいた事に嬉しく思います。

誤字脱字に関してましては、ご指摘の通りできるだけ気をつけたいと思います。
また、登場人物の名前につきましても事前に調査して名前を付けるように致します。

>この3行があったからこそ、個人的にはこの作品は買ってよかったかなと思える。
正直この一行を読んで、飛び跳ねて喜びました。
狙い通りだったので……

今後とも、当サークルを宜しくお願いします。


どうもはじめまして。脳内はちみつジャンクションのクロフネです。

>正直この一行を読んで、飛び跳ねて喜びました。
狙い通りだったので……

飛び跳ねて喜ばすのがこちらの狙いだったのですよ。
……いや、それは嘘ですが、ヤンデレというジャンルにおいてはあの3行は綺麗におさまった印象ですね。

また、次があれば買いに行きますので宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136907/50280721

この記事へのトラックバック一覧です: Mist -霧の向こうのあなたを知りたい- 感想:

« 放課後(図書館号) 感想 | トップページ | 刈り上げジャンヌダルク 感想 »