最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 四川風植木遊人 | トップページ | 1月の総括(個人的メモ) »

2010年1月31日 (日)

Dr.パルナサスの鏡 鑑賞

「Dr.パルナサスの鏡」鑑賞。

 

この手の映画に客が求めている要素とは何なのだろうか?

おそらく、大体はそのキャスティングに何かしらの期待を寄せての鑑賞なのかもしれない。それから漏れた人間は、テリー・ギリアムという監督自身の感性に期待しての鑑賞なのだろう。
もちろん、ちょうどいい時間がそれだったとか、他の映画は大体観たのでこれをなんとなく選んだという漠然とした理由もあるだろうが。

個人的には、二択で選ぶのであれば後者の監督要素である。
ただ、監督の作品は「未来世紀ブラジル」のみの視聴経験なのでファンとしてのスタイルとはかけ離れている。
つまりは、ギリアム氏のファンから得られる情報のみのイメージにより描く期待による鑑賞だ。
幻惑的で困惑的なイメージがそこにはある。
幻想的と書くとなにかいいイメージがあるので、幻惑的で視聴者を惑わしているというイメージから幻惑的と書いてみた。
ギリアムの勝手なイメージは、とにかく観ていて理解するとかそういうのではなくて、頭の中をぐちゃぐちゃにされるとか、変な気分にされるとかそういうものである。だからこそ、今回の作品も鏡の中の世界というのでそういった類のものを勝手に期待しながら映画館に向かった。

正直書くと、その期待は少々肩透かしに終わりなんだか消化不良な晴れない気分である。
幻惑的で困惑的な世界はそこに確かにあったのだが、どこかしらで正気を保とうとしている感覚もありなんだか突き抜けられずにもどかしいのである。
結果的に、なんだか分からない要素もあり、困惑的な気分に陥っているものの、どこかストーリーに正常性が垣間見られるので(出だしは何に向かっているのかわかりづらくまさに困惑的だったが)期待は決して満たされない。

ただ、鏡の中で見られる世界はそれこそ幻想的で美しく観ていて飽きがない。
ストーリーからあえて外して見ているとまさに自分の妄想の中に紛れ込んでいるかのようで楽しく観られた。
そこはさすがに秀逸な才能である。
ただ、やはりあまにも特徴的なので観る人を選ぶ世界観ではあるが。
けっしてジョニー・デップが出ているからという理由だけでデートに選んではいけないだろう。
二人で、「なに、あれ??」という会話になるから。
素直にアバターでも観ておきなさい。

 

« 四川風植木遊人 | トップページ | 1月の総括(個人的メモ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136907/47440104

この記事へのトラックバック一覧です: Dr.パルナサスの鏡 鑑賞:

« 四川風植木遊人 | トップページ | 1月の総括(個人的メモ) »